5月24・25日八幡屋スポーツパーク(大阪)にて「スイマーの為のケガ予防トレーニング・高齢者のための介護予防プログラムの教室」を実施いたしました。
スイマーの為のプログラムにご参加された方々はすでに2時間の水泳教室にご参加されたあとの実施でしたが、スイマーに多いケガ「腰・肩」を中心としたトレーニングを約1時間行いました。

介護予防プログラムは「膝・腰痛予防運動」、「転倒予防運動」、「けが予防・体幹運動」の3本立てで行いました。どの教室も募集開始初日に定員を満たし、参加者の皆様の健康に対する意識の高さが伝わってきました。教室に参加された方は日頃公園内を歩き、その後ラジオ体操をされている方々で、運動にとても意欲的ですし何より大変お元気でした。教室ではトレーニングだけだなく、脳活性にもなる音に合わせ体を動かすプログラムも行い、大変盛り上がりました。

教室の様子