8月JATA-フットラボチームは、石川県七尾市で開催された和倉ユースサッカーフェスティバルに於いて、参加チームの中でも全国屈指の強豪6チーム約160名を対象に、子どもの足の変形対策研究事業の一環としてサッカー選手の足部機能ほか数種類の測定を2日間にわたって実施しました。
http://www.ishikawa-f.jp/taikai.php?kmno=48

今回は前回よりも更に多くの視点からの測定が行えるよう、新たに内転筋と外転筋の筋力測定やシューズ型のオリジナル測定器の最新型を導入し、測定値の種類と内容を向上させる事が出来ました。
また測定結果のフィードバックも大会期間中に行い、評価に合わせて各自行えるトレーニングなども紹介し、選手たちは勿論の事、コーチや監督にも喜んで頂きました。
これら測定会で得られた各選手たちのデータは、今後のサッカー選手たちの外傷・障害予防とパフォーマンス向上に活かしてもらえようまとめ、学会やメディア等でも発表していく予定です。
以下、第2回フットラボサッカー選手計測会の報告リポートをご覧ください。

*フットラボチームは、東京医療保健大学:山下教授チームとワイズアスリートサポートで編成されています。

■第2回フットラボサッカー選手計測会の報告リポート

計測会の開催目的

JATAフットラボでは8月9日から12日まで開催された和倉ユースサッカーフェスティバルにおいて、ユースサッカー選手の外傷・障害調査と、足部・下肢機能の測定を実施しました。
これらの結果からサッカー選手における足部・下肢機能とスポーツ外傷・障害との関連性を研究していくことと、予防プログラムを提案していくことが開催の目的となります。

実施チーム

青森山田高校サッカー部(青森県)
星稜高校サッカー部(石川県)
大津高校サッカー部(熊本県)
鹿児島実業高校サッカー部(鹿児島県)
桐光学園高校サッカー部(神奈川県)
浜松開誠館高校サッカー部(静岡県)

計測内容

足部・下肢機能の測定

1)足趾クリッピング筋力

2)MP関節屈曲可動域

3)股関節内,外転筋力

4)立位,片脚立位足底分圧

5)歩行時足底分圧

動的アライメント測定

1)片脚スクワット
2)ランディング
3)サイドステップ

各計測の模様

・MP関節可動域測定

・母趾筋力測定

・内転/外転筋力測定

・足底分圧測定

・歩行分析

・スクワット

・ランディング

計測結果とフィードバック

個人結果表

結果説明

最後に・・・
全国屈指の強豪6チーム約160名の選手が試合の合間をぬって測定協力をしてくれました。今後はこの貴重なデータをしっかりと分析し、サッカー選手のケガを一人でも減らせるようなエクササイズなども考案していきます。選手のみなさん、監督、コーチの方々ご協力本当にありがとうございました。
測定は継続的に行い、縦断的評価を行っていくことが大切になります。今回の6チームには定期的な実施をお願いしたいと思います。
またこの素晴らしい活動をさらに広げ、横断的にも評価が行っていけるようにすることも大切です。そのために今回は測定スピードを上げることにもトライしましたが、1チーム約1時間で実施出来るまでにクオリティも上がりました。
ぜひ今後さらに広がり活発化していく私たちの活動に期待ください。